医療法人社団大伸会 さくら三国歯科

一般歯科

一般歯科とは

一般歯科は患者が歯科医院で受ける治療です。小児歯科、矯正歯科、口腔外科などの特殊な歯の治療以外の虫歯治療や歯周病の治療、義歯の作成などをいいます。

むし歯治療

虫歯とはミュータンス菌と言われる細菌が産生する酸に歯が溶かされ、穴が開いた状態を指して「虫歯」と言います。歯の表面のエナメル質の部分が白くなる程度の虫歯は、フッ素塗布や歯磨きなどで再石化し回復する可能性があります。
しかし象牙質まで進み見た目が黒くなった虫歯は、自然治癒することは不可能です。ある程度進行した虫歯は、削り取る必要があります。

虫歯の種類や場所により複雑な形になる可能性があり、穴を埋めるインレー(詰めもの)を数種類用意し、口腔内環境で判断します。歯が痛む場合は虫歯が神経まで進行している可能性が高いため、早急に治療することを推奨します。痛みがなくても半年に1度は、歯科医院で定期検診を受けると、初期の虫歯が発見でき容易に治療することができます。

半年に一度の定期健診は、虫歯の早期発見に有効です。

虫歯の予防について 予防歯科とは?

今まで歯科医院は、歯が痛くなってから行くものでした。しかし虫歯になってから歯を失ってからでは手遅れです。また歯周病で溶けた顎の骨は元には戻りません。そのため最近では歯が悪くならないように予防していく事が重要になってきました。治療する前に予防することがこれからの歯科医院のスタンダードとなってきます。

世界で一番予防が進んでいるスウェーデンでは歯科の定期検診受診率が大人で80%以上あり、子供にいたっては100%近くが定期検診を受けています。他の先進諸国でも70%ほどの受診率が一般的になってきました。先進国ではこのように歯科に対する関心が高いのに対し、日本では驚くことに、10%以下の定期検診受診率です。これでは虫歯や、歯周病が悪化してしまうのも当然といえます。

ご自身でできるケアとプロのケア

予防歯科の目的は「将来的なお口の健康を維持し、美しい歯を育てる」ことです。お子様であれば、虫歯が一つもないお口の環境をつくることが可能ですし、大人の場合、歯の汚れ、歯周病の予防、治療した部分の再発予防、新たな虫歯や口臭を防ぐことができます。ご自身で毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは、虫歯の原因となるバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全には落とすことができません。正しいセルフケアに加えて、定期的なプロのケアがあなたの将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を育てることが大切です。

小児の虫歯予防(フッ素塗布)

フッ素塗布は、歯に高濃度のフッ素を塗布する方法です。乳歯・生えたての永久歯にフッ素を塗ることで、歯面が強化されます。広く一般に行われている方法で、高濃度のフッ素溶液を年 3~4回(3~4ヵ月ごとに)歯に塗布するだけで十分な効果を得られ、短時間で終わるので小さなお子さんでも塗布することができます。フッ素を塗っても虫歯にならないわけではありませんので、仕上げ磨きが必要です。

歯周病について

歯周病治療

歯周病治療とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)による炎症を治療し、歯石や歯垢を除去する方法です。歯と歯肉の隙間に入り込むプラークは、歯を支えている周りの組織を徐々に破壊する為、最後には歯を失ってしまいます。
歯周病は初期症状を自覚するのが困難な為、歯肉が腫れる、歯肉から出血する、口臭が気になる、歯がグラグラするなどの症状があれば、進行している可能性があるため注意が必要です。

治療が手遅れになると心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与え、また喫煙・糖尿病・薬剤の服用などの危険因子が重なった場合は急激に悪化する事があるので、早期発見、早期治療が必要になります。

歯周病の予防について

歯石除去(スケーリング)

歯周病の大きな原因の1つが歯石です。歯周病予防として、歯石除去はとても大切です。歯石除去とは、歯の表面に付いたプラーク(歯垢)、付着物、および歯石を除去することです。歯石は歯磨きでは取る事が出来ない上、90パーセント以上の人にあるので、定期的に歯石除去を行うことをお勧めします。歯石除去の間隔は、普通の人で3~6ヶ月に1回位が目安です。(お口の中の状態により歯石除去の間隔は変わります)

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3439-6480 診療時間:平日9:30-20:00:休日9:00-18:00

医療法人社団大伸会の姉妹医院である三国歯科医院がTV番組「ビジネスフラッシュ」で紹介されました。ぜひご覧ください。
医療法人社団大伸会の姉妹医院である三国歯科医院がTV番組「ホリプレゼンツ、求人任三郎が行く!」で紹介されました。ぜひご覧ください。
PAGETOP